ドレスは使われてこそ意味がある

レンタルドレスが全ていいというわけではなく、中にはレンタル否定派の人だっている。顔の知らない別の誰かが一度着たドレスを着るのは…という人だって当然いる。そういう人達はレンタルドレスを利用しないだろう。 そこは人それぞれなので何が正しいか間違いかなんてないと思う。確かに購入すれば自分しか着ないのだから、他の誰かが着た跡というものはない。そういう点を気にしてしまうのならば購入が一番。 レンタルドレスの場合だと、料金が安いということの他に、ドレスが頻繁に利用されるという点がある。買ったドレスをいつまでも着用する機会がないままクローゼットの中にしまって置くのも、何だかドレスがかわいそう。レンタルドレスは色んな人によって着用され、ほぼ毎日のように日の目を見ることになる。

服は着られてなんぼなので、頻繁に利用されたほうがドレスだって嬉しい。 確かに他の人も着ているけれど、きちんとクリーニングに出して新品同様にしているのだから、使用済みな印象はあまり感じないと思われる。 華やかなドレスは外に出てその華やかさをより全面的に押し出したほうがいい。そういう意味でレンタルドレスは、ドレスを活かすためのサービスも兼ねているのだと考える。 いつまでもクローゼットの中に押しこまれているようでは意味が無い。何年か経ってクローゼットから発見され、そういえばこんなものもあったねと言われてしまったらドレスは悲しいだろう。