パーティードレスの相場

ウェディングドレスの話ばかりになったが、パーティードレスだとどうなるだろう。パーティードレスのほうが使う用途はたくさんある。 結婚式の参列にかぎらず、二次会に行く時にも使えるし、謝恩会やその他のパーティーの時にでもドレスは必要になってくる。 ウェディングドレスに比べたら購入する金額は抑えられるものの、それでも高いものは高い。選り好みしなかったら1万円以内で収まるかも知れないが、ブランド物になるとブランドという壁が金額を高くしてしまう。

確かに使う用途がいっぱいあるのだったら、一着くらい手元においておいてもいいかもしれないが、同じドレスばかり着るのは…と思う人もいるかもしれない。そういう意味では、こちらのドレスにもレンタルドレスが大きく活用される。 ウェディングドレスと違ってこちらのほうがレンタル料も少し安い。中にはブランド物をレンタルしてくれる店舗もあるし、買うよりも半額、それ以下で借りることができるのもひとつの利点である。 レンタルドレスを選べば、状況に応じたドレスを選んで借りることができる。色合い、形状、予算。今日はこれが着たい、次はこれがいいといった選択ができるのレンタルドレスの魅力である。 そういったパーティードレスのレンタルも、ウェディングドレスと併用して進んでいる。中にはパーティードレス専門のレンタルドレスの店もあるほど。買うより借りるほうがお得でいいという価値観の人が多くなっている時代だからこそ、やはりレンタルドレスの需要は上がっている。